パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

RT突入契機は「ボーナス」「ヘスティアチャレンジ(3択演出)」「レア役からの直撃」など。ボーナスは複数あり、RT突入の可能性があるのはファミリアボーナス。ディヴァインジャッジは枚数変動型ボーナスで、ファミリアチャンスについては、RT中に引いた場合は上乗せ特化ボーナスに変化する可能性あり。

RTは「ソロプレイ」と「マルチプレイ」の2種類が存在。「ソロプレイ」は「マルチプレイ」昇格を目指すRT、「マルチプレイ」は3部構成のメインRTだ。「マルチプレイ」中は「エピソード」と「ダンジョン」が平均70%でループし、継続に失敗した場合は「デスパレードゾーン」へ移行。「デスパレードゾーン」中はレア役で「エピソード」への復帰抽選が行われ、30G消化後の押し順当て演出失敗でRT終了となる。

設定 ファミリア
ボーナス
ディヴァイン
ジャッジ(ダブル)
ファミリア
チャンス
ボーナス
合算
1 1/655.4 1/642.5 1/455.1 1/189.4
2 1/537.2 1/179.1
5 1/452.0 1/168.5
6 1/336.1 1/149.3
設定 RT ボーナス+RT 出玉率
1 1/215.6 1/100.8 98.2%
2 1/214.6 1/97.6 100.3%
5 1/213.6 1/94.2 106.4%
6 1/211.3 1/87.5 111.9%

※1000円(50枚)あたりのゲーム数:約36G

累計発行部数900万部突破のライトノベル発の大人気コンテンツ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(通称:ダンまち)」がパチスロ化。ボーナスとRTにて出玉を獲得していくタイプだ。RTは主にボーナスを契機に突入。初当りは「ソロプレイ」か「マルチプレイ」のいずれかで、「ソロプレイ」の場合は「マルチプレイ」昇格を目指す。「マルチプレイ」は「エピソード(30G)」「ダンジョン(平均60G)」「デスパレードゾーン(30G)」の3つから構成されており、「エピソード」と「ダンジョン」のループおよび「ダンジョン」の継続にてロングランを狙う流れとなっている。

ボーナスは「ファミリアボーナス」「ディヴァインジャッジ」「ファミリアチャンス」の大きく分けて3種類で、通常時は当選時の内部状態によって期待度が変化。RT中の「ファミリアチャンス」は各種特化ゾーンとして活躍するなど、それぞれのボーナスにも見どころあり。

【上記データはサイト7より引用】

(c)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会, (C)KITA DENSHI

 

 

関連記事

  1. HEY!鏡

  2. ニューパルサーDX~チェリーバージョン~

  3. 押忍!番長3

  4. パチスロ蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Mental Model ver.

  5. 天下布武4

  6. マジカルハロウィン5

  7. クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~

  8. GI優駿倶楽部

  9. 紅き魂は桜の如く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の大当たり情報はコチラ!

これ読んでみて

てんちょ監修業界ニュース

パチンコ業界ニュース

どんじゃらチャンネルおすすめ!

人気記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP