CRFマクロスフロンティア3R

大当り確率 1/319.7→1/128.5
確変突入率 ヘソ:50% 電チューorオーバーチャージ:65%
賞球数 4&1&4&7&15
ラウンド 3R or 16R
カウント 10カウント
出玉 約450or 約2000(実射値) or 約2400個
※払い出し
時短 100回
大当り割合
ヘソ ラウンド 電サポ回数 比率
16R確変 次回まで 10%
3R確変 次回まで 40%
3R通常 100回 50%
電チューor
オーバーチャージ
ラウンド 電サポ回数 比率
16R確変 次回まで 50%
16R確変
(ミュージックタイムチャージ)
次回まで 6%
3R確変 次回まで 9%
3R通常 100回 35%

人気アニメ「マクロスフロンティア」のパチンコ第3弾が登場。本機は次回大当りまで継続する確変を搭載したミドルスペックで、電チューからの大当りは50%が16R確変大当りとなり2400個の大量出玉を獲得可能。SANKYOとしては最後の2400個大当り搭載マシンとなっている。

初当りは「ドデカルチャーFEVER(16R確変)」と「FEVER(3R確変or通常)」の2種類。どちらも消化後は100回の電サポモードへ突入し、確変であれば100回を超えても電サポが継続、時短であれば100回で電サポが終了する。電サポ中の演出は「バトルモード」と「ライブモード」の2種類から選択できるぞ。電サポ中の大当りは、先述の2つに「ミュージックタイムチャージ」も追加。これは歌が続く限りラウンドも継続する確変大当りで、平均約2000個(実射値)の出玉を獲得可能だ。

なお、通常時のヘソは特殊な形式を採用しており、入賞した玉は左右へ振り分けられ、左側は15個賞球+オーバーチャージ開放を抽選。オーバーチャージへ入賞した玉は特図2、すなわち電チュー保留扱いとなるので16R確変の割合が大幅にアップする。右側へ振り分けられた玉はヘソスタートとなり、特図1保留として扱われる。

本機はすべての大当り後に右打ち電サポモードに突入(基本的に確変か否かは非報知)。電サポモード中の演出は「バルキリーバトル」と「ギャラクシーライブ」のどちらかから選択できるぞ。なお、100回転を超えても電サポが終わらなければ確変状態であることが濃厚となる。

【上記データはサイト7より引用】

(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会, (C)SANKYO

関連記事

  1. ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞

  2. P牙狼冴島鋼牙XX

  3. Pすしざんまい極上5700

  4. CRターミネーター2

  5. PF戦姫絶唱シンフォギア2

  6. PA CYBORG009 N‐X1

  7. P一騎当千SS斬 孫策Ver

  8. CR緋弾のアリアII FPM

  9. デジハネPA北斗の拳7 天破

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の大当たり情報はコチラ!

これ読んでみて

てんちょ監修業界ニュース

パチンコ業界ニュース

どんじゃらチャンネルおすすめ!

人気記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP