現役パチンコ店 店長が 先週の機械をデータ分析! S2月前半

・・・といっても

先週の新台は

1台だけでした。

 

 

ご存知ですかね?

 

 

 

 

そう、

 

 

 

 

青鬼、

でございます。

 

 

モチーフ的にも

ゲーム性的にも

かなり異質な感じの

機械なんですが、

 

 

結果どうかと言いますと・・・

 

 

前に花伝、という台が

6号機登場以来の

激しいスペックだ、

という話をしたかと思いますが、

 

 

青鬼も同様に

結構な激しさを

持ったスペックの

台となってます。

 

 

んでもって、

なぜに激しさの部分に

反応するかというと、

 

 

ゴッド、バジ、かつての

北斗やアラジン、獣王

なんかのように

 

スロットのヒット機種の

ひとつの条件として、

当時の条件の下の中でも

とりわけ激しい機械性能を

持つことが求められているんですよね。

 

 

 

一方でジャグラーとかも

ヒット機ではありますが、

いつの時代もジャグラーとは別に

本流の激しい機械が必ず

存在していたのはお分かりに

なるかと思います。

 

 

 

 

やはりジャグラーはころ、

6号機で言うところの

激しさの論拠は

どちらかというと

低設定でも

展開次第では

吸込みからの

逆噴射もあり得る!

 

 

・・・というよりも、

 

 

出る時は激しく出て、

吸い込む時は

徹底的に激しく吸い込む、

 

 

という傾向が強く

出てるようです。

 

まあ、そもそも天井前提の

ゲーム性なんで、吸込み方向が

特に強く出るのは致し方ないとは

思いますが、

 

 

ここら辺でもうちょっと

救済的な要素があれば

また違ってたのかな?

 

 

という気がします。

 

 

 

ただただ、

それでも

 

 

ちょっと形は

いびつな気はしますが

こういった台も現行下で

出せる、ということは、

時が経てばもっと良い物が

出て来るんじゃないか?

 

※いや、出て来てくれないと

困るんですが、

 

 

そんな感じの期待を

ちょっと持たせてくれる、

という意味では

 

個人的には

ちょっとポジティブに

感じる機械だったりするわけです。

 

 

そんなわけで

長々とスイマセン。

 

 

青鬼のレビューでした。

 

 

 

 

関連記事

  1. てんちょ どんじゃらからのお知らせ!

  2. 現役パチンコ店 店長が 今 勝てるスロット台を発表!

  3. てんちょ 本日店休、そして明日は・・・

  4. てんちょ そしての明日はコレ!

  5. てんちょ 今一度、明日28日の陰謀を暴く!

  6. てんちょ 近くのお店の閉店に想いを馳せる

  7. てんちょ 更に明日はこうなっちょります!

  8. てんちょ 今更に初詣を思う!

  9. 現役パチンコ店 店長が 年末のご挨拶!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の大当たり情報はコチラ!

これ読んでみて

てんちょ監修業界ニュース

パチンコ業界ニュース

どんじゃらチャンネルおすすめ!

人気記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP