Pぱちんこ ガラスの仮面ML‐K1

Pガラスの仮面ML-K1
タイプ
デジパチ
仕様
出玉振分、ST、8個保留、入賞口ラウンド数変化、右打ち
大当り確率
1/199.8 → 1/124.12
確変率
80%
確変システム
200回転まで
時短システム
大当り後100回or200回(ST含む)
平均連チャン数
3.6回
賞球数
2&1&3&2&12
大当り出玉
約450 ~ 1100個
ラウンド
4or10
カウント
9
備考
※ST突入時の引き戻し率 約80%

 

大人気コミック「ガラスの仮面」とのタイアップパチンコ機として『Pガラスの仮面 ML-K1』が登場した。

 

特徴として、「演劇」×「スポ根」要素を取り入れ、原作を忠実に再現した演出に注目。

なお、本機『ML-K1』は遊びやすいライトタイプでありながら、

ST引き戻し率 約80%、通常大当り後も時短が100回転付いてくるスペックとなっている。

出玉のカギとなる電サポ付きST200回転の「GOLDEN STARDOM ROAD」は、

「SUPERガラスの仮面BONUS」後、「STARDOM ROAD」100回転目の演出成功で突入。
※「STARDOM ROAD」終了後に突入した場合のST回数は、「STARDOM ROAD」中の回転数を含めて200回転となる

滞在中の大当り後は80%の確率でSTへ突入する仕様で、ST200回転での引き戻し率は約80%。

なお、通常時・電サポ中共通で「ガラスの仮面BONUS」終了後は電サポ100回転(STor時短)の

「STARDOM ROAD」へ突入となるが、電サポ100回転終了後に

「GOLDEN STARDOM ROAD」へ突入する場合もある。
※「STARDOM ROAD」を経由して「GOLDEN STARDOM ROAD」へ突入した場合は、

「STARDOM ROAD」中の回転数を含めて200回転となる

演出面では、「マヤ」「亜弓」の2人で展開される、「奇跡の人リーチ(Wキャスト)」に注目。

スペックは、大当り確率1/199.8、ヘソ・電チュー共に大当り後80%の確率で200回転のSTへ突入する、

ライトSTタイプ。

潜伏確変や小当りは一切存在しない仕様となっている。

 

【上記データはp-worldより引用】

(C)美内すずえ/ガラスの仮面製作委員会, (C)Newgin

関連記事

  1. Pルパン三世~神々への予告状~

  2. ぱちんこCRブラックラグーン3

  3. PF戦姫絶唱シンフォギア2

  4. Pハイスクール・フリート

  5. CRウルトラジャンボ

  6. ぱちんこCR北斗の拳7 転生

  7. CRコードギアス 反逆のルルーシュ ~エンペラーロード~

  8. CRFマクロスフロンティア3R

  9. ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の大当たり情報はコチラ!

これ読んでみて

てんちょ監修業界ニュース

パチンコ業界ニュース

どんじゃらチャンネルおすすめ!

人気記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP