PFアクエリオンALL STARS

Pフィーバーアクエリオン6bV
タイプ
デジパチ
仕様
出玉振分、ST、入賞口ラウンド数変化、右打ち
大当り確率
1/319.7 → 1/83.1
確変システム
特図1:50% 特図2:100% 144回転まで
時短システム
大当り後100or144回(ST含む)
平均連チャン数
4.1回
賞球数
3&1&5&3&15
大当り出玉
450 ~ 1500個
ラウンド
3or5or7or10
カウント
10
備考
※出玉は払い出し ※ST継続率 約83% ※ST突入率 約63%(確変:50%と時短引き戻し率:約26.9%の合算)
3作品の「アクエリオン」が大集結した『PフィーバーアクエリオンALL STARS』が登場した。

本機は、ST継続率 約83%・最大ラウンド比率80%というスペックと、通常時・右打ち中ともに「創聖のアクエリオン」「アクエリオンEVOL」「アクエリオンロゴス」の3作品を堪能できるゲーム性が特徴となっている。

演出面では「キーポイント演出」が発生でチャンスとなっている。

出玉のカギとなる電サポ付きST144回転の「神RUSH」は、[7]図柄揃い大当り後、BATTLE BONUS中のバトル勝利、電サポ中の大当り後に突入する、電サポ付きST144回転のモード。

滞在中の大当り後は再び「神RUSH」へ突入する仕様で、継続率は約83%。また、大当りは80%が1,500発獲得可能な10R確変大当りとなっている。

スペックは、大当り確率1/319.7、初回大当り後50%、電サポ中は100%の確率で144回転のSTへ突入する、ミドルSTタイプ。
※時短引き戻し率(約26.9%)を含むST突入率は約63.4%

潜伏確変や小当りは存在しない仕様で、大当りは全て出玉ありとなっている。

※V入賞がST突入の条件
※出玉は払い出し玉数
※最大ラウンド比率は電チューの場合

【上記データはp-worldより引用】

(C)2004 Shoji KAWAMORI・SATELIGHT/Project AQUARION (C)SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION EVOL (C)2015 SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION LOGOS, (C)SANKYO

関連記事

  1. CR百花繚乱サムライブライド

  2. CRダイナマイトキングin沖縄

  3. CR緋弾のアリアII FPWZ

  4. CRトキオスペシャル

  5.  Pルパン三世~神々への予告状~

  6. CR天龍∞ 7000VS

  7. CRリング 終焉ノ刻 FPH

  8. CR綱取物語~横綱7戦全力~

  9. デジハネCRA偽物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の大当たり情報はコチラ!

これ読んでみて

てんちょ監修業界ニュース

パチンコ業界ニュース

どんじゃらチャンネルおすすめ!

人気記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP