PA CYBORG009 N‐X1

型式名
PA CYBORG009 N-X1
タイプ
デジパチ
仕様
小当り、出玉振分、入賞口ラウンド数変化、右打ち
大当り確率
1/99.9 → 1/24.71
確変システム
特図1:30% 特図2:100% 1/121.36で転落するまで
時短システム
大当り後40回or70回or70回+α(非転落時は転落まで)
平均連チャン数
6回
賞球数
3&1&7&6&1&7
大当り出玉
約190 ~ 620個
ラウンド
3or4or5or6or7or10
カウント
10

「CR CYBORG009 CALL OF JUSTICE」から遊パチスペックの『PA CYBORG009 CALL OF JUSTICE N-X1』が登場した。

本機は、時短突破型になった事で、遊びやすい初当り確率ながら継続率 約90%のRUSHを搭載している。

演出面では、加速装置演出を始めとした「加速4大演出」に注目。

出玉のカギとなる電サポ70回転+αor電サポ70回転の加速RUSHは、OVER DRIVE BONUS後、ACCEL BONUS中の加速装置発動成功後、バカンスモード中の大当り後に突入。
※突入時点では確変濃厚

滞在中の大当り後は、再び加速RUSHへ突入する仕様で、RUSH継続率は約90%。

また、電サポ回数が70回転を超えた場合は、大当り(1/24.71)or転落当選(1/121.36)まで電サポが継続する。

なお、初回大当り後は主に時短40回転のバカンスモードへ突入。その滞在中に大当りを引き当てることが加速RUSH突入へのメインルートとなる。

スペックは、大当り確率1/99.9、初回確変突入率30%、電サポ中の確変突入率100%の遊パチスペック。

潜伏確変は存在しない仕様で、大当りは全て出玉ありとなっている。

※V入賞が確変突入の条件
※確変滞在中の転落当選(1/121.36)以降は時短となる
※RUSH継続率は確変継続率 約83%+時短引き戻し率 約7%

 

●基本的な打ち方
通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちで消化。

●大当りの流れ
通常時からの大当りは以下のとおり。

・OVER DRIVE BONUS

4R確変大当りで、ラウンド終了後は電サポ70回転+αor電サポ70回転の加速RUSHへ突入する。

・ACCEL BONUS

4Rチャンス大当りで、ラウンド中の加速装置発動に成功すれば加速RUSHへ突入。失敗した場合は、時短40回転のバカンスモードへ突入する。

●大当りの振り分け

※V入賞が確変突入の条件
※加速RUSHは、突入時点では確変濃厚
※確変滞在中の転落当選(1/121.36)以降は時短となる
※電サポ回数が70回転を超えた場合は、大当り(1/24.71)or転落当選(1/121.36)まで電サポ継続

 

【上記データはp-worldより引用】

(C)2016「CYBORG009」製作委員会, (C)Newgin

関連記事

  1. CRドンキホーテ229L

  2. CRターミネーター2

  3. CRひぐらしのなく頃に~叫~KM‐V

  4. P春一番~花札昇舞~GLB

  5. P沖7 BLACK

  6. CR緋弾のアリアII FPM

  7.  Pルパン三世~神々への予告状~

  8. Pひぐらしのなく頃に~憩~

  9. ぱちんこ冬のソナタRemember Sweet Version

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の大当たり情報はコチラ!

これ読んでみて

てんちょ監修業界ニュース

パチンコ業界ニュース

どんじゃらチャンネルおすすめ!

人気記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP